第2回|税理士事務所の探し方を40代前半ITコンサルタントに聞いた

  • ソーシャルメディア
Tコンシェルジュとしてご活躍の河内さんに 「税理士事務所の探し方」についてお聞きしました。
河内さんは、ITコンサルティングのお仕事をしていらっしゃる方で、小学生の頃に近所で一緒によく遊んでいた幼馴染でもあります。
第2回目は何かを探す時、どのようなルートで探すことが多いのかについてのお話になります。

ITコンシェルジュとして活動をしている河内さんのオシャレサイト
https://snazzy.jp/

ソーシャルメディアの使い方に年代差

20代・30代前半の若者は主にInstagramやTikTokを使用し、40代以上ではInstagramに比べYouTubeを利用することが多く、製品やサービスの購入には口コミも重視しているのではないかと、河内さんのお話もありました。
特に、ネットでの検索や比較が一般的で、Googleの検索から始まり、検索結果と口コミを元にサービスを選び、公式ホームページ最終的に判断するというパターンが多いようです。

病院選びや税理士事務所選びには口コミが重要!

河内さんによると、健康診断の際にもインスタグラムを活用して病院を選んだとの経験があり、口コミや評判を確認した上で、特定の病院を選択したことです。
税理士事務所選びに関しては、Google検索で「税理士事務所 地域 決算」等とハッシュタグ検索をして口コミを確認してから税理士事務所を選択することが多いようなので、口コミの重要性も再認識が必要ではないでしょうか。
【著者プロフィール】太田亮児(おおたりょうじ)|合資会社オオタキカク 代表
税理士・会計事務所の営業、マーケティング支援を行う。起業前は東京都内にある税理士法人に勤務してマーケティング業務を専任で手掛けた。2005年にオオタキカクを設立して独立。税理士事務所の個性を活かし各事務所の強みを磨き上げオーダーメイド式でマーケティングの仕組みを作り上げるサポートを行う。2010年に「税理士・会計事務所の儲かるしかけ」を同文館出版より出版し、税理士業界に特化したサービスを展開している。税理士向けの専門紙である税理士新聞(NP通信社発行)への連載記事を手掛けていたこともある。