税理士事務所のブログ更新は専門性の深掘りで勝てる

  • SEO
  • ブログの更新

ブログを更新した方が良い

blog-1513528_640-e1552959231943
ブログを更新した方が良い。
最近はこのようなことがよく言われるようになりました。

実際、しっかりとしたコンテンツの更新、定期的な更新を行うホームページは、Googleから高く評価されるのか、全体的に上位にページが表示されるようになっているように 感じられます。

当社でサポートをさせていただいている事務所でも、

・定期的な更新
・内容の深い記事更新

を行う事務所ほど、問合せの頻度は増える傾向があります。

「内容のあるコンテンツ」の更新は意外と難しい

更新をする内容はしっかりしたものである方が良いでしょう。

中には、たいした内容ではなくても(数行のテキスト情報)、更新性があれば高く評価されるので上位化するという考えの方も居て、今現在の環境で行くと、あながち間違いでもないようなときもあります。

ただ、中身のない記事を更新したとしても、結局は人の目に触れたときにどう評価されるかですから、少ない情報よりも、一定ボリュームの内容が無いと、長い目で見たときに効果がなくなるのではないかと考えます。

そこで、「内容のあるコンテンツ」とか「しっかりとした質のもの」などと言われるわけですが、さて、それってどうやって判断するのでしょうか。

そんなものはGoogleのロボット(AI)が判断するのですから、基準はよくわかりません。

文字数(例えば1500文字以上とか)で言われる事もありますし、見出しの付け方、画像の入れ方、外部リンクのはり方、SNSの使い方など色々な要素が含まれそうです。

しかし、そんな事を言われても、これは書き方というか記事作成時のポイントであって、具体的に何を書けばよいのかのヒントにはなりません。

コンテンツの作り方はドリルのようにゴリゴリと!

abbreviation-1268989_640-e1552959072931
最近、気が付いたことがあります。
これをやっておけばSEOについてはカバーできる。
そういう方法です。

税理士先生の場合、例えばですが、相続のブログを書こうとすると、

・相続税申告
・生前対策
・遺言書の作成
・土地評価・・・

などなどのジャンルの細分化を行い、個別記事を書き進めるスタイルが多くあります。

しかし、この書き方では特定ジャンルでの上位化は、とても難しいといえます。
やるのであれば、もっと狭く、もっと深く!です。
ひとつ例を挙げてみます。

相続税の評価で、「庭内神し」という言葉があります。
ある税理士先生の相続セミナーでたまたま耳にした言葉で、ニーズがどれだけあるのかなどは分かりませんが、 そういう言葉があります。
この「庭内神し」に関する情報を、5記事とか10記事書くのです。
徹底的に深掘りして書き進めてみましょう。

どういうものが考えられるでしょうか。

・庭内神しとは何か
・庭内神しの歴史
・庭内神しの種類
・過去の事例(判例とか)
・非課税となるケース
・非課税とならないケース

例えばですがこのようにいくつかの切り口が考えられそうです。
庭内神しを1ジャンルとして捉えてしまうと、上記の見出しでまとめて1記事としてしまうところですが、そこをまとめずに、細分化して解説するのです。

これと同様の考え方で、「創業融資」というものを1本ではなく、「日本政策金融公庫の創業融資」とし、それをドリルのようにゴリゴリと深掘りして記事化をするのです。

日本政策金融公庫で創業融資を受けるコツや、制度の概要、詳細。
面接の際の注意点など色々と出てきます。
ここに更に、地域のワードも盛り込まれると、強くなります。