税理士事務所のホームページの再リースは良く考えて!リニューアルは制作専門会社がおすすめ

  • 制作ノウハウ
social-1206610_640-e1553834471772
ホームページは制作だけで100万円以上かかるというケースも珍しくありません。
その点、初期費用無料で制作する事ができるリース契約は安いように感じます。
しかし、実はその後のサポートや総額を考えると遥かに損をしている場合が多くあります。

もし仮に、現在ホームページのリース契約をしている税理士先生で、再リース契約を検討しているのなら、これを機に制作の依頼先についてもう一度考え直してみてください。

【関連記事】

今回は、再リースのリスクとホームページのリニューアルを制作会社に依頼することのメリットをご紹介します。

再リースにはホームページの質がコストに見合わなくなるリスクがある

再リースを検討しているのなら、まずは現在かかっている費用を見返してみましょう。

例えば、初期費用無料、月々50,000円で5年のリース契約を結んでいたとします。
5年間で総額300万円であり、もし5年目の再リース時にリニューアルの依頼をした場合、また5年間で300万円の費用がかかることになります。

リース契約満期のたびにリニューアルしていけば、その額はどんどん膨れていくのです。
果たして今リース契約しているホームページにそれだけの費用をかける価値はあるでしょうか。

ただ、だからと言ってリニューアルをしないという選択は適切ではありません。
確かに月々の費用は抑えられますが、次の5年間を古いデザインのままで過ごすことになります。
古い環境のままになると検索順位、集客力は下がっていくでしょうし、コストに見合ったホームページとはとても言えません。

ホームページのリニューアルは専門の制作会社に依頼をするのがおすすめ

meeting-1184892_640-e1553834723580
それではどのようにリニューアルをすれば良いかというと、ホームページの制作やリニューアル、運用を専門としている優良な制作会社に依頼することをおすすめします。

制作会社の費用は高いところで100万円以上することもありますが、総額で考えるとリース契約よりも安く依頼できます。

クオリティも確かなもので、集客力も期待できるはずです。
すぐに費用を用意できなくても、相談次第で分割払いにできることもあるでしょう。


ホームページのリニューアルを制作会社に依頼することのメリット

ホームページのリニューアルを制作会社に依頼することには、以下のようなメリットがあります。
テンプレートに当てはめただけのありきたりなデザイン(同じデザインで事務所名や連絡先情報だけ入れ替えるといった作りのもの)は、リース契約による制作でよくあるパターンです。

その点、ホームページ制作専門会社なら、ホームページ制作に関するノウハウが豊富にあります。より時代の環境に即したホームページが手に入るでしょう。

リース契約よりも安い金額で更新代行を依頼できるような制作会社もあります。
質の高いホームページにするためには、ユーザーが求めている新鮮な情報が掲載されていることも大切です。
適宜必要な情報を更新できていれば、必然的に人の目に留まりやすいホームページになるでしょう。

より良いホームページを作るためにまずは制作会社に相談してみましょう

リース契約の満期が近づいている方は、リース契約で制作されたホームページのクオリティについて、今一度考え直してみてください。


今はホームページがただあれば良い時代ではなくなりました。
デザイン性や掲載されている情報など、多くの人が目を引くホームページを常に模索していく必要があります。
勿論、全てのリース契約が悪いというわけではありません。

ですが、コスト・効果の面からベストな選択肢かどうかは検討が必要です。
ホームページ制作会社の中には初回相談無料というところもありますので、必要に応じて相談してみるといいでしょう。

当社ではホームページ制作・運用サービスとして「ビルドコア」という別ブランドを立ち上げています。
リニューアルの際は是非ご検討下さい。