【初級】事務所のホームページが検索をしても出てこない?|タイトル設定のNG

  • 制作ノウハウ
ご自分でホームページを作ろうとしている税理士先生に向けてお話しする、ホームページ構築のポイントです。

今回はページタイトルの設定についてお話をしています。稀に、事務所の正式名称で検索をしても全く検索結果として表示されないホームページというものが存在しています。

ご自分でホームページを作る際などはここら辺の設定がどうしても抜けてしまいがちです。
せっかく時間をかけて作るのですから、事務所の正式名称や先生のフルネーム、連絡先情報などでは検索ヒットされるように設定をして行きましょう。

ページのタイトルが「ホームページ」とか「トップページ」

特に自作のホームページで良くありがちなのですが、ページのタイトル設定が抜け落ちているケースがあります。最近のホームページ制作環境では、メタタグと呼ばれるタイトルやディスクリプション、キーワードなどの類はSEOには影響しないといった考えもあります。

しかしながら、タイトルとディスクリプションに関しては、まだまだ重要な要素であるといえます。当社自身も感じていますし、当社のクライアントである税理士事務所様のホームページでも同様です。今まで設定が抜け落ちていた事務所のタイトル、ディスクリプションをチューニングすることで、「地域名+税理士」などのワードでの上位ヒットが実現しているケースがあります。もちろんこれには、ドメインの年齢やページ数、被リンク数など様々な要素が関係した結果です。

そのようなこともあって、ホームページの診断などをさせていただくことがあるのですが、自作サイトの場合、かなりの割合でタイトル設定ができていません。すべてのページで同じタイトルが設定されていたり、「ホームページ」とか「トップページ」といった設定、あるいは「〇〇会計事務所」といった事務所名だけの表示になってしまっていることが多いのです。

地域名検索でも上位化したいのであれば

例えば、当社は中野区ですが中野区にある事務所が「中野区+税理士」で表示させたいのであれば、事務所名だけでなく、「中野区」も必要ですし、「税理士」も必要です。仮に事務所名が「〇〇会計事務所」であったとしたら、両方とも含まれていません。

そのため、
〇〇会計事務所
といったタイトル設定になってしまいますと、地域ワードでの検索には引っ掛かり難い状態になってしまいます。

ここを少し工夫して、
中野区の税理士|〇〇会計事務所

などとすることで、「中野区」「税理士」が含まれます。これが相続に関するページであれば、相続というワードを入れたいですし、決算申告であればそういう言葉を含めてあげたいということなのです。

事務所の立地によっては駅名なども大事です。
そのような場合は、
中野区の税理士|〇〇会計事務所|新中野駅より徒歩3分

などとしても良いでしょう。

こうした工夫を構築したすべてのページに対して実施してあげることで、
どのページに何が記載されているかという、本で言うところの「目次」にあたる情報が、
Googleさんに伝わるわけです。

10ページあったら10ページ。
100ページあったら100ページです。
これがメチャクチャ大変なのです・・・。