税理士事務所のホームページ運用成功事例①-3 業種特化で安定拡大

業種特化による専門性を打ち出し、SEOとメールマガジンで安定拡大

業種特化はホームページとの相性が抜群に良いです。コンテンツが充実しやすいので、自然とSEOに強くなります。SEOに強くなると、アクセス数が増えますので、問合せも増える傾向になります。

オリジナルのコンテンツがまとまってきたら、今度は メールマガジン(ステップメール)を実施すると良いでしょう。一見さんを馴染み客にするという考えです。 一回ホームページに来てもらった人に、その後もまた 来ていただけるような仕組みを作ることで、リピーターを作るのです。

【実施したこと】
・特定業種に特化したホームページを制作した
・特定業種に対してブログ(Q&A)を90ページ作った
・メールマガジンを作った

【これからやりたいこと】
・小冊子の作成
・セミナーの開催
susume_36
太田
今後はどのような展開をお考えですか?

先生
ブログやメールマガジンの内容を小冊子にして配れるようにしたいですね。それとセミナーの開催も考えています。
太田
素晴らしいですね。一度に全部は大変ですから、先生のようにひとつひとつ材料をそろえながら進めて行くことが出来れば上手く行きますよ。

先生
ブログとメールマガジンの記事が既にあるから、小冊子は早いですよね(笑)。ゼロから作ろうとしたら大変ですけど。

太田
そうですね(笑)。専門性を絞り込んでコンテンツを作るのは、そういったメリットもあります。小冊子ができたら、セミナーをやったり、小冊子の無料進呈などでダイレクトメールに挑戦したりなども考えられます。

先生
なるほど。あまり見ず知らずの会社に税理士事務所のPRで営業をするのは気が引けますが、業種やテーマを絞り込めば案内もしやすくなりそうですね。

太田
「こんにちは税理士事務所です」とやっても高い効果は期待できませんが、「こんにちは○○業専門の税理士です」というのは、効果も期待できてやりやすいですよね。
susumebana2020