税理士事務所のホームページ運用成功事例①-2 業種特化で安定拡大

業種特化による専門性を打ち出し、SEOとメールマガジンで安定拡大

業種特化はホームページとの相性が抜群に良いです。コンテンツが充実しやすいので、自然とSEOに強くなります。SEOに強くなると、アクセス数が増えますので、問合せも増える傾向になります。

オリジナルのコンテンツがまとまってきたら、今度は メールマガジン(ステップメール)を実施すると良いでしょう。一見さんを馴染み客にするという考えです。 一回ホームページに来てもらった人に、その後もまた 来ていただけるような仕組みを作ることで、リピーターを作るのです。

【実施したこと】
・特定業種に特化したホームページを制作した
・特定業種に対してブログ(Q&A)を90ページ作った
・メールマガジンを作った

【これからやりたいこと】
・小冊子の作成
・セミナーの開催
susume_35
太田
具体的にはどのような変化がありましたか?

先生
一言で言うと、営業が楽になりましたね。
太田
というと?

先生
お客様がホームページの内容やメールマガジンの内容を事前に読んでくれていますから、お会いするときには既にほぼ気持ちが固まっているみたいな。

太田
素晴らしいですね。専門性を絞る事の大きなメリットです。

先生
以前は、もう少し広いターゲットで営業活動をしていたのですが、そうすると色々な業種の方を相手にしなくてはいけなかったので、ストレスが大きかったのですよ。

太田
相互に理解がある状態で関与がスタートできると、条件面でも契約後の関係性も良い状態で続きますよね。値引きとかもあまり無いのではないですか?

先生
値引きはほとんどありません。「いくらでお願いできますか?」ってお客様のほうから聞いてきてくれます。この業種での専門性が高い税理士ということを既に認めてくださっているので話が早いですよ。
susumebana2020