税理士事務所のHP【検索順位を上げる】下がった原因は3つ!

  • 税理士事務所のホームページ事情
税理士事務所において、以前作成したHPの順位が急に落ちてしまった、そんな経験はありませんか?
その原因についてのお話になります。

00:00 順位を大きく下げる原因は3つ!
03:35 下がった順位が上がった例のご紹介(画面を見ながら説明します)
税理士事務所のホームページの順位が突然落ちた場合、以下の3つの原因が考えられます。
①サイトの更新を怠っている。
②コピーコンテンツである可能性、その他のサイトと内容が酷似または同じ。
③SSLに未対応である。
これらの課題を一つずつ確認し、修正することで順位を回復させることが期待できます。
SSLに未対応のホームページは順位が下がる可能性が高いことがわかりました。
例として、ある事務所のホームページは2年前に10位以内だったが、SSLに未対応だったため順位を大きく下げてしました。その後SSLに対応し、時間をかけて再び10位以内に回復することができました。

ホームページの順位が落ちた場合、上記の3つの原因を確認し、適切な対策を行ってみてはいかがでしょうか?
【著者プロフィール】太田亮児(おおたりょうじ)|合資会社オオタキカク 代表
税理士・会計事務所の営業、マーケティング支援を行う。起業前は東京都内にある税理士法人に勤務してマーケティング業務を専任で手掛けた。2005年にオオタキカクを設立して独立。税理士事務所の個性を活かし各事務所の強みを磨き上げオーダーメイド式でマーケティングの仕組みを作り上げるサポートを行う。2010年に「税理士・会計事務所の儲かるしかけ」を同文館出版より出版し、税理士業界に特化したサービスを展開している。税理士向けの専門紙である税理士新聞(NP通信社発行)への連載記事を手掛けていたこともある。