メインサイトとは別に特化型のホームページを作って営業をしたい

このようなお考えのある先生はご相談下さい。

相続税・資産税

相続税・資産税サポートに関する専用サイトを作りたい
事業承継

事業承継・事業引継ぎに関する専用サイトを作りたい
新設法人
新設法人・創業者向けに関する案内サイトを作りたい
アウトソーシング
経理代行・アウトソーシングに関する専用サイトを作りたい
案内サイト
求人用・採用向けの案内サイトを作りたい

特化型サイトで営業推進する時代に

税理士事務所も複数サイト運用の時代
ただ「会計事務所です」だけでは、なかなかお問い合わせも得られない時代です。 

特に首都圏の場合はメインサイトとは別に特化型のホームページを、 
複数所有することが増えてきています。  

多い事務所は4つも5つもホームページを持っています。
検索をするほうも、 
「税理士」とか「会計事務所」だけのキーワードでは検索をしません。 

そのジャンルに合ったキーワードでそれぞれ、 
SEOをしてあげる必要があるのです。
特化型のホームページを作るという事は、そのジャンルに対しての営業活動を、
積極的に行っていこうという方針があっての事でしょう。

特化型のホームページと言うのは「情報量」と「情報の質」が命です。

ただ単にそういうホームページがあるだけではあまり意味がありません。
要するに内容が伴っていないと特化型のホームページを作ったからと言って、
売上が勝手に上がるなどと言うことはありません。

厳しいかもしれませんがそれが現実です。

税理士事務所の特化型ホームページを作るときに必要となるもの

・オリジナルコンテンツ
・そのジャンルにおける経験
・そのジャンルにおける実績(新規事業の場合は先生の覚悟)

次のような場合はお手伝いができない事があります

・コンテンツの制作を全て丸投げしたい(ご自分で一切考えない)
・そのジャンル(例:相続・資産税、事業承継等)の経験が一切無い場合
・そのジャンルにおける実績が一切無い場合

事務所のオフィシャルサイトなどとは異なり、特化型サイトの場合より高度な専門性が問われます。
専門性が無いのにもかかわらず、「専門です」と表現する事は、虚偽の広告となってしまいます。


そのため上記に該当する場合で、広告宣伝色だけを強く表現したいというお考えのある方は、
当社では制作をお手伝いする事ができません。(特化型サイトの場合は特に注意が必要であると当社は考えます)


具体的には、
経験がないのに「経験が豊富です」や、
実績がないのに「実績多数です」など虚偽の表現は行いません。


ただし、そのジャンルにおける経験や実績が無い状況であったとしても、
事務所の新規事業として新たに取り組むというケースであって、
表現上、嘘がない内容でお考えであるということであれば、お手伝いさせていただいております。
ビルドコアオオタキカクお問合せボタン
scroll-to-top