税理士事務所向けホームページ制作実績_ビルドコア

seisakujirei

「昔は本当に楽だった」そんな時代がありました。

その昔。と言っても10~15年前。

私が創業した2005年当初は、ホームページを持っているだけで問合せが入っていた時代でした。

ホームページを持っているだけで放置していても電話が鳴り、
問合せのメールが入るという、夢のような時代があったのです。

税理士事務所様でも、ホームページを持っているだけで、
月額顧問報酬3万円とか5万円クラスの案件がさくさくと決まっていた。
毎月1件とか、2件とかそれだけで契約が増えていたという時代がありました。

ここ数年で開業をした先生などからは「え!そんな時代あったんですか?」と
言われるほど、驚きの環境が以前には実際あったのです。

昔と今とは別の時代です

これは、当たり前の事ですが。
昔の環境と今の環境は全く異なるものであります。
それに反対するヒトはいないでしょう。

しかし、ホームページに関して申しますと、
未だにホームページがあればそれだけで「お客様がドンドン増える」と言う考えを持った方が、
少なくありません。

過去の成功体験がなかなか抜けないのだと思います。

制作をして運用に移す税理士事務所の実績が多数!

ホームページを作ったあと、うまくいっている事務所は一体何をしているのでしょうか?
以下に当社でお手伝いをしたホームページの活用法について記してみます。

◆専門性の高い記事を書いていただきブログを更新する
◆特定ジャンルのメールマガジンを継続発信する
◆ホームページのテーマに即したセミナーを開催する
◆Facebookと連動させ新規アクセスの道筋を作る
◆関連業務のダイレクトメールを実施する
◆業種特化型でQAを充実させアクセスを爆増させる
◆ブログの記事をもとに商業出版をする
◆ターゲットを絞り込んで小冊子を作る

などなど。

これらのことを実施したりいくつか組み合わせたりして、
顧問先拡大のモデル作りをして行きます。

そうすることで、安定的な顧客増加が見込めるようになるのです。
要するにアナログ的な営業活動とホームページとは密接に関わりあっているものなので、
これらはセットで考えなければいけない。

というのが当社の考えなのです。

この考え方にご賛同を下さり、じっくりとお取り組いただくことで、
着実に「自力で拡大することができる事務所」になっていただいております。

ある事務所では創業以来ホームページからの問合せが1件も無かったというケースで、
当社でホームページの制作を行い、上記のアナログ営業を組み合わせることで、
先生が増やしたいと思う層のお客様を毎月1件ペースで増やしていただいています。

またある事務所では開業のタイミングで当社にご依頼をいただき、
ホームページを作りダイレクトメールを実施したことで、これもまた
毎月1件ペースでの関与先の獲得に成功をされています。

どの事務所もホームページだけでなんとかしてやろうとは考えていません。
ホームページはあくまでも受け皿に過ぎませんので、ここにどうやって来ていただくかを、
よく考えて取り組んでいく必要があるのです。
ビルドコアオオタキカクお問合せボタン

scroll-to-top